ユーカリがそびえる墓地

昨年、オーストラリアに春が来たことを告げる、国花ゴールデン・ワトルの話を書いてから、早くも季節が一巡してしまった(「春が来た!春が来た!」)。そろそろあちこちで黄色い花を咲かせ始めているのではないかと思うが、一方でオーストラリアの夏の“風物詩”でもある山火事「ブッシュファイアー」も既に起こっているらしい。つい先日、ニューサウスウェールズ州の北部に在住する友人から、最近家の近所で2件のブッシュファイアーが発生し、昼なお煙で空が薄暗く怖かった、という話を聞いた。  そのブッシュファイアーの起こる林、“ブッシュ”は、まだ人の手の入っていない未開の地という意味合いもあり、オーストラリアの人たちのアイデンティティにも強く結びついている。そして、そのブッシュに多く生えているのが「 »